もう一度call me by your name みたよ

君の名前で僕を呼んで、また観ました

 

またまた観てきましたよ…

まだやっているところあるんですね。

 

さてさて思ったことをつらつらと書いていきます。

 

ネタバレあり。

 

 

初めて見た時にも思ったんですが、この映画は場面転換がさくさくすぎて疲れるんです。

 

でもそれがまるで、エリオの短い6週間を表しているようですね。

 

あと、個人的にmystery of loveが何故ここで切れるんやー

 

って思っていたんですが(テーマ曲なのにいきなりぶちっと切れてびっくり…)

 

2人が幸せで有頂天になっている時間と

そうではない、

現実世界に観客を引き戻すためかしら?

 

最後のダンスの相手はエリオではなく女性を選ぶオリヴァーは、あの時には無意識のうちに現実に戻ろうとしていたんでしょうね。

 

なんだか惜しいのは、

 

場面転換が忙しなすぎて、エリオの美しい顔をじっくりと堪能する事が出来ないこと。

 

また、曲、場面設定、雰囲気は緩やかな時間が流れそうな片田舎なのに、ピアノの音や場面転換が忙しなすぎてなんだか違和感を感じる…

 

忙しない忙しない、と連呼しているもふもふですが、きっと、もふもふは小説のような、緩やかな時間の流れをこの映画に期待してるのでしょう。

 

でも時間の制限がある映画にはこれが限界なんでしょうな。

 

あと、映画だとエリオ視点になったり、一瞬オリヴァー視点になりますよね。

小説では終始エリオ視点だから、オリヴァーがどんな人間だかは分かりづらいです。映画のオリヴァーの方が、その点、人間として肉付けされている気はする。

小説だと、エリオが恋するモチーフって感じ。人間臭さがない。

 

君の名前で僕を呼んで (マグノリアブックス)

君の名前で僕を呼んで (マグノリアブックス)

 
「君の名前で僕を呼んで」オリジナル・サウンドトラック

「君の名前で僕を呼んで」オリジナル・サウンドトラック

 

 

そして、やっぱりティモシー・シャラメの演技は素晴らしかったです。

彼の視線、話し方、仕草、全てがエリオでした。

彼のひょろっとした体躯はたまりませんね‼︎

プリケツやし。

(映画のレビューのはずが最後はティモシーのケツの感想になった)

 

 

 

 

人気ブログランキング